連盟事業の当面の取り扱いについて

登録団体等各位 会 員 等各位 大剣連第 272 号 令和4年7月31日 大田区剣道連盟 会長 湯川岩雄 新型コロナウイルス感染症はオミクロン株の派生型「BA.5」が広がることに伴い感染拡大の「第7波」 に入り、新規感染者数が急速に増加して7月28日に東京都は4万406人が新型コロナウイルスに感染していることを新たに確認したと発表しました。 また、大田区剣道連盟の登録団体においてもクラスターが発生したことが報告されております。 このような現下の状況をふまえ、大田区剣道連盟(以下「連盟」)としては、主催・主管する事業につい て下記のとおり対応することといたします。 会員等の皆様におかれましては、ご理解の上、ご協力をお願いいたします。 1.8月に予定している連盟主催・主管事業の取り扱い (1)第14回大田区ジュニア剣道強化練習 8月7日(日) 9時30分開会 15時頃終了予定 ⇒ 延期 (2)指導者・審判講習会(審判法他) 8月7日(日) 13時開会 15時30分頃終了予定 ⇒ 延期 (3)一級審査会 8月28日(日) 13時開場 ⇒ 現時点、開催予

2.朝稽古 以下のとおり感染対策をより一層強化した上で、継続実施 (1)参加人数枠の変更(絞り込み)

(2)全日本剣道連盟(以下「全剣連」)がリリースした「対人稽古に関する感染予防ガイドライン(R3.8.4)」の徹底遵守

1、鍔競り合いを避ける。やむを得ず鍔競り合いとなった場合は、すぐに分かれるか引き技を出し、掛け声は出さない(引き技時の発声は認める)。

2、感染のリスクを低めるため、稽古時間はいつもより短くする(一回30分以内)

3.その他 (1)「前1.(3)項 一級審査会」「前2.項 朝稽古」は、今後の新規感染者数の推移、及び国、東京都 等からの宣言・措置等の発出などにより中止(延期を含む)とする場合がありますが、その際には、 速やかにご案内いたします。 (2)登録団体等において稽古を実施する際は、全剣連の「対人稽古に関する感染予防ガイドライン (R3.8.4)」を遵守し、徹底した感染対策を講じた上で、安心・安全な稽古の開催に努めてください。

(3)登録団体等の活動の中でコロナウイルス感染症、熱中症の発症があった場合には、迅速な連盟事務局 への報告にご協力ください。


以上 ●本件問い合わせ先●

大田区剣道連盟事務局・・・川名 賢充 方

〒145-0062 大田区北千束2-26-8

電話/FAX:03-5726-8142

Mail_to:kendo-ota@galaxy.ocn.ne.jp