【審査会・大会実施報告】田園調布支部少年少女剣道大会

更新日:4月25日

「田園調布支部級審査会、第11回田園調布支部少年少女剣道大会」

雪谷少年剣道クラブ 髙倉浩史


この冬一番の寒さが到来した数日後で寒さも一段と厳しい令和3年12月19日(日)、馬込文化センター体育館にて午後から級審査会・支部大会と、初めての連続した行事で中身の濃い半日となりました。

また、田園調布支部としては実に2年ぶりにみんなが集まったイベントとなりました。


初めに、級審査会が開催されました。

6級から始まり剣道を始めたばかりの受審者も多く、発声の小さな受審者もいましたが、5、4級と審査が上がると徐々に発声も大きくなり、3、2級ともなるとそこに技も加わっていました。

結果としては、受審者41名に対し、合格者41名の全員合格となり嬉しいばかりです。

コロナ禍で稽古量も減っている中でも、特進が6名と子供たちの頑張りも感じた審査会となりました。


引き続き、支部大会が開催されました。

開会式は剣心会・久保田先生による開会の言葉、田園調布支部長・早野先生の挨拶、審判長・須藤先生による試合上の諸注意があり、雪谷少・蓮池隼稀選手による大変立派な選手宣誓が行われました。

さらに、洗足・荒牧先生の七段昇段表彰も実施されました。


今回はこれまでの支部大会と異なり、級別の試合ではなく、学年別の試合として開催しました。

コロナの影響で級審査を受審できていない子供も多くいたことから、無級の子供も参加できるようにとの試みでしたが、結果として学年の違いによる体格差も縮まり、初めての対外試合の子供も多い中、非常に良い白熱した試合が多数展開されていたと思います。

また、特に決勝戦では、コロナ禍で、感染症対策に気をつけながらではありますが、各団体の応援にも熱が入り、非常に盛り上がった大会となりました。


大会結果

2年の部

優勝 市原佑真(剣心会)

準優勝 山田源龍(馬青剣)

3年の部

優勝 平野晴大(剣心会)

準優勝 山崎洵(小池)

4年の部

優勝 野口遥矢(剣心会)

準優勝 久田廉(剣心会)

第3位 上本心音(馬青剣)

第3位 蓮池隼稀(雪谷少)

5年の部

優勝 須加翔(洗足)

準優勝 渡邉良丞(雪谷少)

第3位 山崎夏(小池)

第3位 芝田陽向(小池)

6年の部

優勝 津久井嵩士(小池)

準優勝 菊地駿(小池)

第3位 芦澤兼大郎(小池)

第3位 内田悠太(小池)


コロナ禍での試合ということで、試合ではつば競り合いや場外への対応などを選手、審判とも気にしながらの対応となりましたが、進めていくうちに徐々に慣れてきたように感じました。

今後の試合にも活かしていけるのではないかと思います。


年末の多忙な時期で、かつ初めての同日での複数行事開催という試みでしたが、滞りなくスムーズに大会を進行し、時間どおりに無事に終えることができました。

これは、大会役員をはじめ各団体の先生方、保護者の方々のご協力があってのものと思います。

今後も田園調布支部、また大田区の剣道を盛り上げていけるよう、引き続きの行事への参加、ご協力をお願いしたいと思います。ありがとうございました。